人に聞きづらいお金の疑問はココで解決!

おカネレコユーザー30

おカネレコユーザー30

40代

会社員

家計

独身のライフプランで、受け取れる年金額はどれくらい?

現在、40代会社員です。
一生独身の場合、受け取れる年金額は毎月いくらくらいでしょうか?
将来に備えて貯金していますが、持ち家もないため、不安です。
夫婦のライフプランはよく見ますが、独身者のものは少ないので教えてください。

2017/09/25
8

A回答

福一 由紀

福一 由紀

CFP

このFPさん
について

老後の生活設計のうえで一番大切なのは、受け取れる公的な老齢年金の金額。
終身で受給できるわけですから、長生きのリスクに対して最大の安心材料となります。
この公的な老齢年金ですが、会社員の場合は老齢基礎年金と老齢厚生年金の2つが受け取れます。
会社員は第2号被保険者として、国民年金と厚生年金に加入しているからですね。

■老齢基礎年金額は加入年数に比例

国民年金から支給される老齢基礎年金は、保険料を納付した期間に比例して受給金額が決まります。
20歳から60歳まで40年間保険料を納付していれば、満額の年金(年間77万9300円)を受け取れます。
厚生年金に加入している間は国民年金加入となりますから、20歳から60歳まで働いた会社員なら、満額の老齢基礎年金が受給できます。
ただし、20歳以降の学生時代に国民保険料を納付していない、学生納付特例を利用したものの追納していないといった期間がある場合は、その期間分の受給額は減ります。
例えば、保険料を1年間納付しなかった場合、老齢年金受給額は年間1万9480円減ります(いずれも、平成29年度)。

■厚生年金額は、現役時代の報酬に比例

厚生年金からの年金額は、現役時代の報酬によって変わります。
例えば、在職中の平均月給が30万円、ボーナスが全月給の30%(月給の3.6か月分)、加入期間が38年の場合、老齢厚生年金(報酬比例部)は年間95万円程度です。
国民年金からの老齢基礎年金をあわせると受け取れる年金額は年間170万円、月額14万円となります (いずれも平成29年現在。年金額は概算)。
詳しい年金額を知りたい場合は、毎年送付される「ねんきん定期便」を参照し、年金事務所などに問い合わせるといいでしょう。

■企業年金は勤務先に確認

公的年金の上乗せとして、企業年金を受給できる人もいます。
いわゆる、年金の3階部分ですね。これは勤務先によって制度の有無、受給できる金額などは違います。
一度、調べてみるといいでしょう。

■リタイア後の生活

独身のライフプランで一番考えておきたいのが、リタイア後の生活。
漠然とした不安に陥りがちですが、収入と支出をしっかりと把握しておけば安心です。
リタイア後の生活費は、一般的には現役時代の7割程度といわれています。
将来の年金予想額と比較し、お金の流れを予想しておくと、将来のライフプランを考えることができますね。

0人が役に立ったと言っています。

家計についてのQ&A